青森県弘前市土手町62-1 TEL&FAX 0172-33-2139
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Mozzarella
 
ピッツァ同様、1シーズン通して初めて、季節による
気候の変化、原材料の変化、様々見えてくることがある。

その考え方には共通点も多く、迷う事があっても
その経験によって、救われている気がします。

改めて、偉大な先輩達に感謝。




ジャージー牛乳の自家製モッツァレッラ。
次の目標へ向かって、また、課題に取組中。


Artigianale
日々精進。
 


イタリアでも、機械生産しているところでは
見られないV字の綴じ目。

Artigianale、手仕事の証。


自家製モッツァレッラと生ハムの前菜用のミニモッツァレッラ。
Per Bocconcini e prosciutto.
新たな課題に取り組む。

食欲減退。

モッツァレッラと向き合っているようでいて、
自分と向き合っている気もする。

今日もモッツァレッラに語りかけられる。

...ちゃんと見極めて...。まだ...。もう少し...。
そろそろ...。今だよっ...!!uun..。 





Congratulazioni !!
弘前に来て間もない頃から共に畑で汗を流し、時に深夜まで
モッツァレッラ作りにお付き合いまでさせてしまい。
モッツァレッラ作りはもちろん、加工肉、野菜のこと、
畑のこと、お酒とともに色々お話させてもらいましたcuoco,
悠介さんが、本日、ついに自らのお店を東京は西荻窪にOPEN
人柄が素晴らしく、誰からも好かれる素敵な方。
きっとお店もそんな風に、みんなに愛される素晴らしいレストランに
なっていくことと確信しております。

遠く、弘前より応援しています。

追伸.
兼ねてからの課題がまたひとつ腑に落ち、
モッツァレッラまた一歩前進しましたよ。


 

Mozzarella
pizzeriaの毎日の仕込みと言えば当然、pizzaの生地ですが、

今はモッツァレッラも大切な毎日の仕込みのひとつ。
ハズしてはいけないタイミング、状態の見極めが、今も本当に難しい。
毎日毎日仕込み続けて、初めて、見えてくること、感じること。

業者さんに食材の注文をFAXして、納品されて袋を開けて。
それが当たり前だった以前からは想像も出来ない今の日常に感謝も、
明日の仕込みを考え、ため息ひとつ。
もっと良くするにはこうしたらいいかな..とMozzarellaの夢を今日もみる。


Bocconcini。フレッシュな状態での提供用に。

今の時期、乳脂肪5%にもなるジャージー牛乳。
そのミルクの濃厚な旨味はベシャメルソースにしても絶品でした。
 
ジャージー牛乳のベシャメルと自家製モッツァレッラをたっぷりと。
賄いで食べられる贅沢...。

今日もジャージー牛に感謝。